20年度予算

概算要求、過去最大32兆6234億円 氷河期世代支援653億円 厚労省

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は27日、一般会計総額32兆6234億円の2020年度予算の概算要求を発表した。年金や医療、介護など高齢化に伴う社会保障費の自然増5300億円などを見込み、今年度当初比6593億円増で過去最大となった。30兆円を超えるのは8年連続。バブル崩壊後の就職難で非正規労働者の割合が高くなっている就職氷河期世代…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集