メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リチウムイオン電池

火災発生受け被害実態調査 分別ルール検討

 環境省は、ごみに混入したリチウムイオン電池が原因とみられる火災の相次ぐ発生を受け、家庭ごみを回収する市区町村の被害実態解明に乗り出す。来年度中に調査結果をまとめ、分別しやすいルール作りに向け、法改正などを検討する。来年度予算の概算要求に調査費として2000万円を盛り込む方針。

 小さくて性能の高いリチウムイオン電池は近年、スマートフォンや携帯型ゲーム機といった充電式の小型家電や、加熱式たばこなどに広く使われている。一方で電池が傷ついたり変形したりすると発火の恐れがある。

 また、リチウムイオン電池を使用した製品がプラスチックごみなどに紛れるケースも少なくなく、運搬・破砕時の電池の変形、損傷によるとみられる火災が頻発している。日本容器包装リサイクル協会によると、自治体からプラスチック製容器・包装を引き受けるリサイクル業者で2018年度、発煙・発火が130件あり、5年前の約4倍に増えた。原因の多くはリチウムイオン電池の混入とされる。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです