メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転

厳罰化へ 政府・与党、法整備を検討

 政府・与党は27日、茨城県守谷市の常磐道で、男性が「あおり運転」を受けた末に殴打された事件を受け、あおり運転の厳罰化に向けた法整備の検討に入った。道路交通法改正などを念頭に、早ければ秋の臨時国会にも関連法案を提出したい考えだ。

 自民党は同日、交通安全対策特別委員会(平沢勝栄委員長)を開催。現行法で明確な定義がない「あおり運転」について、法律で明文化するとともに、罰則を強化すべきだとの認識で一致した。

 会合後、二階俊博幹事長は記者団に「国民の不安を解消する、実効性のある対策を強化するのが自民党の責任…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです