メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

頸椎椎間板ヘルニア、注意は=答える人・星地亜都司副院長(三井記念病院・整形外科)

星地亜都司副院長 三井記念病院(整形外科)

星地亜都司(せいち・あつし)副院長

 Q 頸椎椎間板ヘルニア、注意は

 ある朝突然、首に痛みを感じました。半月以上治らず整形外科で頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアと診断されました。日常生活で気をつける点を教えてください。(茨城県、女性、78歳)

 A 運動禁止、水もストローで

 頸椎椎間板ヘルニアは、首の部分の背骨(頸椎)をつなぐクッションの役割をする椎間板が後ろ側に飛び出し、脊髄(せきずい)や上肢に伸びる神経を圧迫して首などに痛みを引き起こす病気です。肩から腕、肩甲骨の痛みや手のしびれ、筋力低下を伴うこともあります。初めは寝違えた時と変わりませんが、時間がたつと痛みが肩、腕、上肢に広がります。30~40代に多く、若者や高齢者もなりますが、子どもは極めてまれです。原因は分かっていません。

 治療は、軽い痛みであれば強めの消炎鎮痛剤、眠れないほど痛みが強ければ、習慣性にならない強力な麻薬系…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文897文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです