メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 セシウム浸透せず、土壌表層に滞留か 原子力機構調査

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質は、森林内で土壌表面から3センチ以内の表層に長期間とどまり、それ以上深く浸透しない可能性があるとの研究結果を、日本原子力研究開発機構(原子力機構)などのチームがまとめた。

 チームは福島県内の阿武隈山地の2カ所で2013年から17年にかけて山林に降る雨や落ち葉、地表を流れる水などに含まれるセシウム137を測定、土壌表面へのセシウムの流入と流出を観測した。

 5年間で、表面に流入するセシウムの量は少しずつ減り、流出量はほぼ一定だったが、流入、流出とも森林に…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです