メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

アトピー予防、頼れる乳酸菌

ヨーグルトを食べる8カ月の男児=埼玉県越谷市で、稲田佳代撮影

 多くが乳幼児期に発症するアレルギー疾患の「アトピー性皮膚炎」だが、母親が妊娠中や、乳児期のうちから乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌をヨーグルトなどから取ると、子どもの発症リスクを抑えられるかもしれない。腸内環境が整い、アレルギーと関係の深い免疫のバランスが保たれるためとみられるが、効果に個人差が大きいなど課題もある。

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです