メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重度訪問介護

広がらぬ 事業所の参入進まず 報酬単価低く、ヘルパー確保困難

ヘルパーの清野さん(右)と牛丼を食べる鈴木さん。休日はいつも一緒に外食を楽しむ=東京都大田区で12日

 れいわ新選組の2議員が利用していることで知られるようになった重度訪問介護制度(重訪)。重度の障害者の自立生活を支えるためのサービスだが、利用者は伸び悩んでいる。背景には、長時間のヘルパーを派遣できる事業所が少なく、自治体も財政面などから積極利用に前向きとは言えないといった問題がある。障害者が施設を出て地域生活に移行する動きの中でも障害の重い人は取り残されがちで、重訪を使いやすくする制度改善が望まれている。【上東麻子】

 「隆太郎、今日はどこ行こうか?」「……ラーメン」東京都大田区のアパートに住む鈴木隆太郎さん(28)…

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです