メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 西岡、4年ぶり勝利 錦織も初戦突破

 テニスの4大大会最終戦、全米オープンは26日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕した。男子シングルス1回戦は、第7シードの錦織圭(日清食品)が予選を勝ち上がったマルコ・トルンヘリティ(アルゼンチン)に勝ち、4強入りした昨年から2年連続で初戦を突破した。錦織が6-1、4-1でリードした第2セット第6ゲーム途中で、トルンヘリティがけがで棄権した。2回戦は世界ランキング108位のブラッドリー・クラーン(米国)と初対戦する。

 同59位の西岡良仁(ミキハウス)は主催者推薦のマルコス・ジロン(米国)に3-6、6-4、6-4、6…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです