メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

首脳宣言、異例の文書1枚 合意5項目列挙、結束演出

 フランス南西部ビアリッツで開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は26日、自由貿易の推進や国際情勢の認識を1枚にまとめた書面を「首脳宣言」として公表し、閉幕した。幅広い議題の合意内容を包括的にまとめてきた従来の宣言と比べて極めて異例。G7の結束を形式上維持した形だ。

 議長国フランスのマクロン大統領は閉幕後の記者会見で「意見の相違もあったが、G7が協調する重要性を確認できた」と強調した。

 首脳宣言は、貿易、イラン、ウクライナ、リビア、香港の5項目に関する合意事項を列挙した。自由貿易につ…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです