河野外相、年間1カ月は機上や空港に チャーター機代2.5倍概算要求 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎外相=川田雅浩撮影
河野太郎外相=川田雅浩撮影

 河野太郎外相の2018年8月~19年7月の1年間の航空機による移動時間が、約740時間に上ることが外務省のまとめで判明した。1年のうち約1カ月を機上や空港で過ごした計算になる。外務省は、外相の海外での移動を効率化するためのチャーター機代として、2020年度予算の概算要求で10億5000万円(今年度当初予算比6億3000万円増)を計上した。

 外務省によると、河野氏は17年8月の就任以来、58回出張し、延べ122カ国を訪問。近年の外相では最も頻繁に外国に出張しており、外務省幹部は「時間があれば外国を訪問する前向きな姿勢には頭が下がる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文525文字)

あわせて読みたい

注目の特集