メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ、スズキと資本提携 自動運転を共同開発 4.94%出資へ

トヨタロゴ

[PR]

 トヨタ自動車とスズキは28日、自動運転など先端技術で協力を進めていくため、資本提携をすると発表した。商品の共同開発や生産面の協業も取り組む。自動車業界は電動化や自動運転など「100年に1度」と呼ばれる転換期を迎え、米IT大手も交えた合従連衡が進む中、既に業務提携を結ぶ両社が互いに株式を持ち合って関係を強化する。

スズキロゴ=スズキ提供

 株式の取得は海外の競争当局から承認を得られ次第実施する。トヨタが約960億円を出資してスズキ株の4・94%を取得。スズキも480億円相当のトヨタ株(約0・2%)を取得する予定だ。これで国内自動車業界は、トヨタ連合、日産自動車・三菱自動車、ホンダの3グループに資本面で集約される。

 トヨタの2018年世界販売台数は、連結ベースで1059万台(ダイハツ工業と日野自動車を含む)。独フォルクスワーゲン(VW、1083万台)、日産と仏ルノー、三菱の3社連合(1075万台)に次ぐ3位だった。スズキは333万台で、マツダやSUBARU(スバル)など連結対象でない出資先も加えると、1600万台超の規模になる。

 トヨタとスズキは16年から協議を本格化し、17年に環境や安全などの分野で包括的な業務提携を発表した。トヨタが強みとするハイブリッド車(HV)システムをスズキに供給する一方、スズキがシェア1位のインド市場では現地生産する小型車をトヨタに供給するといった協力を進めてきた。

 自動運転や電気自動車(EV)、インターネット経由で多様なサービスを提供する「コネクテッドカー」など先端技術の開発には多額の投資が必要となるため、共同開発や商品の相互供給などで一層の関係強化が必要と判断した模様だ。

 スズキは09年にVWとの資本提携を発表したが、VWの環境技術を想定通りに活用できず、15年に資本関係を解消。その後は資本面で独立を保っていた。トヨタは、ダイハツに100%、日野に50・2%、スバルに16・8%、マツダに5・1%をそれぞれ出資している。【和田憲二】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです