連載

クトゥーゾフの窓から

2018年春から2度目のモスクワ勤務に臨んでいます。目抜き通りの一つ「クトゥーゾフ通り」に面する支局の窓を開けると、何が見えてくるのか。周辺地域ものぞき込みながら考えていきます。

連載一覧

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋(7) ロシアの舞台を離れドイツへ 日本人バレリーナの新たな挑み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
客席にあいさつする浅井恵梨佳さん=モスクワで2019年7月3日、大前仁撮影
客席にあいさつする浅井恵梨佳さん=モスクワで2019年7月3日、大前仁撮影

 世界有数のバレエ大国であるロシアでは、多くの日本人ダンサーが舞台に立つ。その中にはロシア・バレエに思い入れを持ちながら、今秋から欧州の舞台に立つ踊り手もいる。ロシア・バレエ界から離れるにあたり、どのような気持ちなのかを聞いてみた。 

 7月初旬、モスクワにあるメイエルホリド劇場の座席はぎっしり埋まっていた。舞台と客席が近く、ダンサーの息づかいが聞こえてきそうだ。公演を催す「バレエ・モスクワ」は中堅クラスのバレエ団だが、ここ数年は現代バレエの演目に特化し、関心を集めている。

 照明が落とされた舞台には主役の一人、浅井恵梨佳さん(28)が現れた。この日の作品では出産を控えて喜びに満ちていたのだが、流産してしまい、失意のどん底に突き落とされる女性を演じた。やがて作中の浅井さんはピアノを演奏することにより、再び生きる喜びを見いだした。そのさなかに夫は彼女と男性の音楽教師との仲を疑い、教師を刺そうとしたのだが、誤って妻を殺してしまう。こうして1時間近くの演目が幕を閉じた。

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1831文字)

あわせて読みたい

注目の特集