メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋(7) ロシアの舞台を離れドイツへ 日本人バレリーナの新たな挑み

客席にあいさつする浅井恵梨佳さん=モスクワで2019年7月3日、大前仁撮影

 世界有数のバレエ大国であるロシアでは、多くの日本人ダンサーが舞台に立つ。その中にはロシア・バレエに思い入れを持ちながら、今秋から欧州の舞台に立つ踊り手もいる。ロシア・バレエ界から離れるにあたり、どのような気持ちなのかを聞いてみた。 

 7月初旬、モスクワにあるメイエルホリド劇場の座席はぎっしり埋まっていた。舞台と客席が近く、ダンサーの息づかいが聞こえてきそうだ。公演を催す「バレエ・モスクワ」は中堅クラスのバレエ団だが、ここ数年は現代バレエの演目に特化し、関心を集めている。

 照明が落とされた舞台には主役の一人、浅井恵梨佳さん(28)が現れた。この日の作品では出産を控えて喜びに満ちていたのだが、流産してしまい、失意のどん底に突き落とされる女性を演じた。やがて作中の浅井さんはピアノを演奏することにより、再び生きる喜びを見いだした。そのさなかに夫は彼女と男性の音楽教師との仲を疑い、教師を刺そうとしたのだが、誤って妻を殺してしまう。こうして1時間近くの演目が幕を閉じた。

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1831文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

大前仁

1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです