メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧米で相次ぐ「気候非常事態」宣言 18カ国で970自治体に広がる

気候非常事態を宣言した自治体などを含む18カ国と主な大都市

 欧米や豪州で「気候非常事態」を宣言する自治体が増えている。気候変動を緊急に対応すべき危機と位置付け、温室効果ガス排出「実質ゼロ」や生態系保護に向けた取り組み加速の決意を示すものだ。運動を呼びかける団体(国際気候非常事態フォーラム・ICEF)によると、これまでに計18カ国で約970の自治体に広がった。

 オーストラリア南東部メルボルン近郊の自治体デアビンが2016年12月に初めて宣言。今年は欧州大陸の自治体の宣言が続いている。5月下旬に宣言したドイツ北西部ミュンスター市の担当者は取材に「気候変動の防止を最優先し、地域レベルで行動する必要性を強調するもの」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです