メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧米で相次ぐ「気候非常事態」宣言 18カ国で970自治体に広がる

気候非常事態を宣言した自治体などを含む18カ国と主な大都市

 欧米や豪州で「気候非常事態」を宣言する自治体が増えている。気候変動を緊急に対応すべき危機と位置付け、温室効果ガス排出「実質ゼロ」や生態系保護に向けた取り組み加速の決意を示すものだ。運動を呼びかける団体(国際気候非常事態フォーラム・ICEF)によると、これまでに計18カ国で約970の自治体に広がった。

 オーストラリア南東部メルボルン近郊の自治体デアビンが2016年12月に初めて宣言。今年は欧州大陸の自治体の宣言が続いている。5月下旬に宣言したドイツ北西部ミュンスター市の担当者は取材に「気候変動の防止を最優先し、地域レベルで行動する必要性を強調するもの」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです