クラウドファンディングで購入の競走馬が初勝利 千葉の専門学校生が育成

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大井競馬場であったレースで1着となったバジガクレオーネ=東京都品川区で8月11日(馬事学院提供)
大井競馬場であったレースで1着となったバジガクレオーネ=東京都品川区で8月11日(馬事学院提供)

 競走馬育成などの専門学校「馬事学院」(千葉県八街市)がクラウドファンディング(CF)で寄付を募って購入し、同学院の学生が競走馬に育て上げた2歳の牡馬「バジガクレオーネ」が地方競馬のレースで初めて1着に輝いた。臆病で弱々しく、競りでも落札されず行き場を失っていたかもしれなかっただけに、世話をしてきた学生の喜びもひとしおで、「勇気をもらえた」と話している。

 レオーネが1着になったのは、8月11日に大井競馬場(東京都品川区)であった第4レース「未受賞2歳」。6月7日にデビューし、この日のレースは4戦目だった。ピンクのメンコ(覆面)と4番のゼッケンを着けたレオーネは勢いよく飛び出し、全10頭の中で先頭集団に入った。最終コーナーを回ってもスピードは衰えず、他の馬を振り切って、ゴールを駆け抜けた。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1122文字)

あわせて読みたい

ニュース特集