メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

 前線の影響で大気の状態が非常に不安定となり、九州北部は28日、記録的な大雨となった。気象庁は28日午前5時50分、佐賀、福岡、長崎県に大雨特別警報を発表した。大雨特別警報は最も警戒が必要な「警戒レベル5」に相当。土砂災害や洪水が発生している可能性が極めて高いとして、気象庁は命を守る最善の行動を取るよう呼び掛けた。

 佐賀県武雄市武雄町では28日午前5時15分ごろ、武雄川近くの市道で車が水に流されたと110番があった。県警武雄署によると、近くの水田で軽乗用車を発見。車内から50代の男性が救助され、心肺停止の状態で病院に搬送されたが死亡が確認された。市道は当時、大雨で冠水していた。

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです