メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冠水路の運転は危険、水深浅くてもトラブル 九州北部大雨で犠牲者相次ぐ

冠水した道路で立ち往生するトラック=佐賀市のJR佐賀駅前で2019年8月28日午前11時57分、一宮俊介撮影(画像の一部を加工しています)

 九州北部を襲った大雨では、佐賀、福岡両県で車ごと流された人が相次いで犠牲になった。冠水や水没に伴うドライバーからの救援依頼は両県で320件超。日本自動車連盟(JAF)九州本部は、路上の水深にかかわらずエンジンが浸水すれば車は動かなくなる恐れがあるとして「冠水した道路では車に乗らないでほしい」と注意を呼びかけている。

 JR佐賀駅近くの路上でトラックが動かなくなった運送会社の男性(47)によると、冠水した道路をゆっく…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです