佐賀の病院、冠水し孤立 患者・職員ら201人 水道止まり支援要請

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大雨で敷地内まで浸水した順天堂病院=佐賀県大町町で2019年8月28日午前11時40分、本社ヘリから津村豊和撮影
大雨で敷地内まで浸水した順天堂病院=佐賀県大町町で2019年8月28日午前11時40分、本社ヘリから津村豊和撮影

 九州北部を襲った記録的な大雨で、佐賀県大町町の順天堂病院が28日午後2時半ごろに冠水し、患者や職員ら201人が孤立状態となっている。病院には人工呼吸器を付けた重症患者も多く、別の病院などへの避難は難しいことから、県は自衛隊などと連携して支援策を検討している。

 県医務課によると、病院の職員は通常の半数しか出勤しておらず…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集