メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀の病院、冠水し孤立 患者・職員ら201人 水道止まり支援要請

大雨で敷地内まで浸水した順天堂病院=佐賀県大町町で2019年8月28日午前11時40分、本社ヘリから津村豊和撮影

 九州北部を襲った記録的な大雨で、佐賀県大町町の順天堂病院が28日午後2時半ごろに冠水し、患者や職員ら201人が孤立状態となっている。病院には人工呼吸器を付けた重症患者も多く、別の病院などへの避難は難しいことから、県は自衛隊などと連携して支援策を検討している。

 県医務課によると、病院の職員は通常の半数しか出勤しておらず…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです