メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象牙取引 市場維持の日本に厳しい目「密猟対策は不十分」

象牙の取引を巡る各国・地域の構図

 スイス・ジュネーブで17日から開かれていたワシントン条約締約国会議は28日閉幕し、象牙の国内市場の早期閉鎖を求める決議が見送られた。世界最大の合法的な象牙市場がある日本の関係者は評価するものの、市場の閉鎖や取引規制が世界の潮流で、会議では市場を維持する日本に厳しい意見が出された。【佐藤岳幸、五十嵐和大、鈴木理之】

 「日本の象牙市場が違法取引に関わっていることは明白。開かれている限りゾウは殺され続け、アフリカの宝は失われてしまう」。ワシントン条約締約国会議の席上、ケニアの政府代表は日本の姿勢を批判した。同様の発言は、ブルキナファソなど他のアフリカ諸国からも出された。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです