メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象牙取引 市場維持の日本に厳しい目「密猟対策は不十分」

象牙の取引を巡る各国・地域の構図

 スイス・ジュネーブで17日から開かれていたワシントン条約締約国会議は28日閉幕し、象牙の国内市場の早期閉鎖を求める決議が見送られた。世界最大の合法的な象牙市場がある日本の関係者は評価するものの、市場の閉鎖や取引規制が世界の潮流で、会議では市場を維持する日本に厳しい意見が出された。【佐藤岳幸、五十嵐和大、鈴木理之】

 「日本の象牙市場が違法取引に関わっていることは明白。開かれている限りゾウは殺され続け、アフリカの宝は失われてしまう」。ワシントン条約締約国会議の席上、ケニアの政府代表は日本の姿勢を批判した。同様の発言は、ブルキナファソなど他のアフリカ諸国からも出された。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです