メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象牙市場維持の影で…やまぬ密輸出入 国内では需要低迷

象牙の取引を巡る経緯

 スイス・ジュネーブで28日まで開かれたワシントン条約締約国会議で、象牙の国内市場の早期閉鎖を求める決議が見送られた。原田義昭環境相は今月22日の閣議後記者会見で、今回の決議見送りについて「日本の主張も多くの国に理解されたものと考えている」と述べた。

 日本で流通している象牙は1989年以前に輸入されたか、ワシントン条約事務局の管理下で99年と2008年に特例的に輸入されたもののいずれかとされるが、近年でも密輸入の摘発事例がある。また、米国の環境団体の報告書によると、日本から違法に輸出され、中国で押収された象牙は今年1~6月に少なくとも23件に上っている。

 日本では従来、「ワシントン条約で取引が禁止されるよりも前に輸入された」といった親族など第三者の証言だけで、象牙の所有登録ができた。審査も甘く違法な売買の温床になっていると指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです