メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象牙市場維持の影で…やまぬ密輸出入 国内では需要低迷

象牙の取引を巡る経緯

 スイス・ジュネーブで28日まで開かれたワシントン条約締約国会議で、象牙の国内市場の早期閉鎖を求める決議が見送られた。原田義昭環境相は今月22日の閣議後記者会見で、今回の決議見送りについて「日本の主張も多くの国に理解されたものと考えている」と述べた。

 日本で流通している象牙は1989年以前に輸入されたか、ワシントン条約事務局の管理下で99年と2008年に特例的に輸入されたもののいずれかとされるが、近年でも密輸入の摘発事例がある。また、米国の環境団体の報告書によると、日本から違法に輸出され、中国で押収された象牙は今年1~6月に少なくとも23件に上っている。

 日本では従来、「ワシントン条約で取引が禁止されるよりも前に輸入された」といった親族など第三者の証言だけで、象牙の所有登録ができた。審査も甘く違法な売買の温床になっていると指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです