メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園事件 籠池被告、補助金で虚偽申請認める「とても反省」

大阪地裁に入る籠池泰典被告(左)と妻諄子被告(右)=大阪市北区で、2019年8月28日午前9時30分、松本紫帆撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺などの罪に問われた前学園理事長、籠池泰典(66)と、妻諄子(62)の両被告の第13回公判が28日、大阪地裁(野口卓志裁判長)であった。被告人質問で籠池被告は、大阪府・市からの補助金について虚偽申請したと認め、「とても反省している」と述べた。

 判決は来年2月19日に決まった。籠池被告は今年3月の初公判で、補助金をだまし取る意図はなかったと主張。弁護側は、より量刑の軽い補助金適正化法の適用を検討するよう求めていた。諄子被告は関与をすべて否定し、無罪を訴えている。

 この日、経営する幼稚園への府・市からの補助金について問われた籠池被告は、勤務実態がない職員の分まで…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです