秋雨前線南下で「線状降水帯」 29日まで停滞、警戒を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州北部大雨のメカニズム
九州北部大雨のメカニズム

 九州北部を中心に記録的な大雨をもたらしたのは、対馬海峡付近の秋雨前線に南から暖かく湿った空気が流れ込んで発生した「線状降水帯」だ。福岡管区気象台によると、例年より早く秋雨前線が九州付近に南下したことも影響しているという。前線は29日にかけて停滞するとみられ、引き続き警戒を呼びかけている。

 同気象台によると、日本の北側にあった秋雨前線は25日には九州南部付近に南下していた。太平洋高気圧が勢力を強めたことで…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集