メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカゾウ、06~16年に10万頭減る 中国の象牙需要拡大指摘も

象牙の取引を巡る各国・地域の構図

 スイス・ジュネーブで28日まで開かれたワシントン条約締約国会議で、象牙の国内市場の早期閉鎖を求める決議が見送られた。

 国際自然保護連合(IUCN)の専門家グループなどによると、1979年に134万頭だったアフリカゾウの生息数は、87年に74万頭、2015年は約41万5000頭と推計される。

 70~80年代、日本や中国などの象牙需要を満たすため、アフリカ各地で密猟が…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです