メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「表現の不自由」考

「私たちは表現の自由の境界線に立っている」出展作家・朝倉優子さん

2016年11月に神奈川県大和市の小田急線大和駅近くで、網タイツとピンヒールを身につけて実施したマネキンフラッシュモブ=「マネキンフラッシュモブ@かながわ」提供

 「ほんの小さなことでも、私たちは表現の自由を守るために闘ってきた。表現の自由が後退したなんて簡単に言わないで」。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止された企画展「表現の不自由展・その後」の出展アーティストの一人、朝倉優子さん(55)=神奈川県藤沢市=は、津田大介・芸術監督の言葉を引き合いにそう訴える。朝倉さんは路上でマネキンのように動きを止め、政治的なメッセージをアピールする「マネキンフラッシュモブ」を主催。参加者に禁止命令を出した自治体との裁判記録などを出展していた。作品にどんな思いを込め、展示中止をどうみているのか。【聞き手・待鳥航志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2978文字(全文3271文字)

待鳥航志

1990年埼玉県生まれ。早稲田大大学院政治学研究科修士課程(ジャーナリズムコース)修了。2015年入社。高松、姫路の2支局を経て、19年5月から統合デジタル取材センター記者。関心分野はインターネットの文化や思潮、生活史、過疎地域など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです