連載

「表現の不自由」考

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で従軍慰安婦をモチーフにした「平和の少女像」などを展示した企画展「表現の不自由・その後」が中止に追い込まれた。ネットでの炎上、事務局への脅迫や政治家の介入――大勢に逆らうような表現は許されない「不自由」な社会になってしまったのか。そもそも「表現の自由」とは何なのか。さまざまな立場の人と考えるインタビュー記事と関連記事を収録する。

連載一覧

「表現の不自由」考

「私たちは表現の自由の境界線に立っている」出展作家・朝倉優子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2016年11月に神奈川県大和市の小田急線大和駅近くで、網タイツとピンヒールを身につけて実施したマネキンフラッシュモブ=「マネキンフラッシュモブ@かながわ」提供
2016年11月に神奈川県大和市の小田急線大和駅近くで、網タイツとピンヒールを身につけて実施したマネキンフラッシュモブ=「マネキンフラッシュモブ@かながわ」提供

 「ほんの小さなことでも、私たちは表現の自由を守るために闘ってきた。表現の自由が後退したなんて簡単に言わないで」。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止された企画展「表現の不自由展・その後」の出展アーティストの一人、朝倉優子さん(55)=神奈川県藤沢市=は、津田大介・芸術監督の言葉を引き合いにそう訴える。朝倉さんは路上でマネキンのように動きを止め、政治的なメッセージをアピールする「マネキンフラッシュモブ」を主催。参加者に禁止命令を出した自治体との裁判記録などを出展していた。作品にどんな思いを込め、展示中止をどうみているのか。【聞き手・待鳥航志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2978文字(全文3271文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集