メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「表現の不自由」考

「私たちは表現の自由の境界線に立っている」出展作家・朝倉優子さん

2016年11月に神奈川県大和市の小田急線大和駅近くで、網タイツとピンヒールを身につけて実施したマネキンフラッシュモブ=「マネキンフラッシュモブ@かながわ」提供

 「ほんの小さなことでも、私たちは表現の自由を守るために闘ってきた。表現の自由が後退したなんて簡単に言わないで」。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止された企画展「表現の不自由展・その後」の出展アーティストの一人、朝倉優子さん(55)=神奈川県藤沢市=は、津田大介・芸術監督の言葉を引き合いにそう訴える。朝倉さんは路上でマネキンのように動きを止め、政治的なメッセージをアピールする「マネキンフラッシュモブ」を主催。参加者に禁止命令を出した自治体との裁判記録などを出展していた。作品にどんな思いを込め、展示中止をどうみているのか。【聞き手・待鳥航志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2978文字(全文3271文字)

待鳥航志

1990年埼玉県生まれ。早稲田大大学院政治学研究科修士課程(ジャーナリズムコース)修了。2015年入社。高松、姫路の2支局を経て、19年5月から統合デジタル取材センター記者。関心分野はインターネットの文化や思潮、生活史、過疎地域など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです