メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NYビート

「麻薬は合法化されるべきだ」 米国の麻薬汚染巡る死闘を書き続けてきた作家ドン・ウィンズロウ氏に聞く

米作家ドン・ウィンズロウ氏(提供写真)

 メキシコの麻薬密輸犯罪組織(カルテル)のボスと米国の麻薬取締局(DEA)捜査官との死闘を20年以上にわたって書き続けてきた米作家ドン・ウィンズロウ氏(65)の新作「ザ・ボーダー」の日本語訳が7月中旬に出版された。ウィンズロウ氏に、米国とメキシコを苦しめる麻薬問題の解決法を聞いた。【ニューヨーク國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り2299文字(全文2453文字)

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局、ニューヨーク特派員を経て、2019年10月から統合デジタル取材センター。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです