メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

「鼻」どこまで伸びる 新幹線、最新型は22メートル 騒音抑制と座席数の兼ね合い

試験車両「ALFA-X」=和田大典撮影

 新幹線の「鼻」が伸び続けている。東北新幹線で試験走行が続く試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」の先頭車両(1号車)の先端部分は22メートルに及び、全長26・25メートルの8割を超える。「団子鼻」の愛称を持つ初代「0系」が1964(昭和39)年に登場してから半世紀あまり。令和を走る試験車両はシャープなシルエットでスピード感にあふれる。ただし、その最大のミッションは速度アップではなく騒音の抑制にある。【高橋昌紀】

 JR東日本は5月からALFA-Xの試験走行を始め、2022年3月まで継続する。営業運転として最高時…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです