メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

USA明藤書道会東京展

~書は国境を越えて~ 米で開いた書の文化 藤井さん28年の成果 来月23~28日

藤井さん(2列目中央)を囲み記念写真に写るUSA明藤書道会メンバー

 日本最大規模を誇る毎日書道展で唯一、海外で活動している団体「USA明藤書道会」が9月23日から28日まで、東京・竹橋のアートサロン毎日で初めての日米友好書展を開く。「米国に書の文化を広めよう」と毎日書道展審査会員でUSA明藤書道会会長、藤井良泰さんが米国・シアトルを拠点に書の指導を始めて28年、現在、会員は160人に上る。「USA明藤書道会東京展~書は国境を越えて~」と題した書展で「米国人だから、などといわれないよう日々稽古(けいこ)を重ねてきた作品を紹介したいと思います。太平洋を渡ってお届けします。ぜひ、ご覧ください」と藤井さん。渾身(こんしん)の力を込めて制作した在米日本人や米国人など49人の最新作が展示される。【鈴木義典】

 日本で開催する初の社中展「USA明藤書道会東京展」は、会長の藤井さんにとって格別の書展だ。「一人で…

この記事は有料記事です。

残り2224文字(全文2593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 楽庫・歌謡ラボ はやぶさ「酔わせて朝まで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです