メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライブ

氷川きよし、20周年記念コンサート 夢と覚悟を具現=評・川崎浩

コンサートで熱唱する氷川きよし

 「皆様のおかげで、ここまでくることができました」。この言葉は「感謝」として受け取るのがよいのだろうが、ここ数年、氷川きよしが発すると「これから先は、皆様のためだけには歌いません」という「覚悟」の含みを感じてしようがなかった。その「覚悟」が爆発したようなコンサートだった。

 2000年2月、股旅演歌「箱根八里の半次郎」で衝撃的なデビューを果たしてから20年。「縞(しま)の合羽(かっぱ)に三度笠(さんどがさ)なんて意味も分からなかった」。でも、それを続けるのは「皆様のため」だった。その苦労は、ファンを増やし、人気者に育て、ヒットという喜びを運んでくれた。新曲「大丈夫/最上の船頭」もオリコンの週間シングルチャートで3位を獲得している。…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです