メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中川晃教 幾通りもの愛し方、想像 新作ミュージカル「怪人と探偵」

中川晃教さん=内藤絵美撮影

 大怪盗・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎。昭和に人気を集めた2人のヒーローが、新作ミュージカル「怪人と探偵」で帰ってくる。怪人役の中川晃教は「日本発のオリジナル作品が出演者や音楽も含めてすべて日本人の手で上演される。日本のミュージカル界にとって新たな歴史が始まったと思ってもらえる作品にしたい」と意気込む。

 江戸川乱歩の少年探偵団シリーズは、30代の中川にはなじみが薄かった。「怪人役といわれても、怖いのかかっこいいのか、正直どういう人物なのかもわからなかった」。今回、怪人と明智の新たな対決を書き上げた森雪之丞から「これまで美しい物を盗んできた怪人が、今回は『愛』という宝石を盗む物語だ」と聞かされ、役作りが始まった。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです