メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

韓国の人気作家に聞く

キム・エランさん

 韓国の人気女性作家、キム・エランさんとピョン・ヘヨンさんが、最新邦訳の刊行に合わせ続けて来日。作品に込めた思いを聞いた。【棚部秀行】

「喪失」に向き合った『外は夏』 キム・エランさん

 『外は夏』(亜紀書房)は、何かを失った人や、その場に残されてしまった人を描く七つの短編集。「喪失」がテーマになっている。表題作を置かず、全編を表すタイトルとして「外は夏」とした。キム・エランさん(1980年生まれ)は「韓国では、つらい思いをしている人の時間は止まったまま、という表現があります。生命力に満ちた『夏』という季節に至ることができないままの人を思って書きました」。

 初めの一編「立冬」は、幼稚園に通う息子を車の事故で亡くした夫婦の回想。止まっていた時間が動き出すま…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです