メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

韓国の人気作家に聞く

キム・エランさん

 韓国の人気女性作家、キム・エランさんとピョン・ヘヨンさんが、最新邦訳の刊行に合わせ続けて来日。作品に込めた思いを聞いた。【棚部秀行】

「喪失」に向き合った『外は夏』 キム・エランさん

 『外は夏』(亜紀書房)は、何かを失った人や、その場に残されてしまった人を描く七つの短編集。「喪失」がテーマになっている。表題作を置かず、全編を表すタイトルとして「外は夏」とした。キム・エランさん(1980年生まれ)は「韓国では、つらい思いをしている人の時間は止まったまま、という表現があります。生命力に満ちた『夏』という季節に至ることができないままの人を思って書きました」。

 初めの一編「立冬」は、幼稚園に通う息子を車の事故で亡くした夫婦の回想。止まっていた時間が動き出すま…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1348文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです