メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/67 北海道・囚人道路/上 網走監獄 「命より開拓」の政策

観光客らに人気の博物館網走監獄

 今月上旬、北海道網走市の博物館網走監獄を訪れた。19世紀後半から20世紀初めにかけての建物群で、2016年には8棟が国の重要文化財となった。平日の昼間、あいにくの雨だったが、親子づれらでにぎわっていた。

 同館は監獄の歴史自体はもちろん北海道の開拓史、ひいては日本の近現代史を知る上で重要な史実を、豊富な資料で伝えている。たとえばあまり知られていない「囚人労働」の実態だ。

 北海道の開拓と植民は、明治政府にとって喫緊の課題であった。殖産興業のみならず北方の脅威ロシアの南下…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1341文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです