メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三山ひろし

特別公演 森の石松役、得意のけん玉も 来月・新歌舞伎座

新歌舞伎座で座長公演を開く三山ひろし=大阪市中央区で、関雄輔撮影

 演歌歌手、三山ひろしの特別公演が9月1~19日、新歌舞伎座(大阪市天王寺区)で開かれる。昨年末まで4年連続でNHK紅白歌合戦に出場し、3回目の座長公演となる今回は、昨年より5日増えて19日間。三山は「うれしさと緊張と責任を感じている。お客様に笑顔になってもらえる公演にしたい」と気を引き締める。

 公演は2部構成。歌のステージに加え、芝居「青い空と白い雲」(池田政之脚本・演出)では、若き日の森の石松を演じる。幼…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです