メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水道事業委託

県に「十分な説明を」 市民団体、要望 /宮城

桜井雅之・公営企業管理者(右)に要望書を手渡す佐久間敬子共同代表=宮城県庁で

 自治体が水道事業の認可を受けたまま運営権を民間事業者に委託する「コンセッション方式」の県内導入を巡り、市民団体「命の水を守る市民ネットワーク・みやぎ」は27日、県民への説明が足りないとして導入に向けた関連条例案提出を見送るよう県へ要望書を提出した。

 団体の佐久間敬子共同代表らが県庁を訪れ、県企業局の桜井雅之・公営企業管理者に要望書を手渡した。要望書では▽情報公開の徹底や県議会での熟議▽パブリックコメントの中止▽関連条例改正案の撤回--などを求めた。

 同方式を巡っては、昨年12月、自治体が水道事業の認可を受けたまま運営権を民間に委託できるとした改正…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです