メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわき崖崩れ

岩盤、経年劣化か 国交省の専門家、崩壊原因を調査 /福島

 いわき市鹿島町久保2の県道(通称・鹿島街道)脇で発生した崖崩れについて、国土交通省が派遣した土砂災害専門家4人が28日、現地調査を行い、岩盤の経年劣化が崩壊の原因になったとの見方を示した。また県は同日、これら専門家の助言を受け、24日夜の発生から現場付近の1・5キロ区間で続けてきた全面通行止めについて、29日午後4時に4車線のうち2車線で規制を解除し、通行を再開すると発表した。

 調査後にいわき市役所で記者会見した国交省の水野正樹・深層崩壊対策研究官は「昭和30(1955)年ご…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです