メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわき崖崩れ

岩盤、経年劣化か 国交省の専門家、崩壊原因を調査 /福島

 いわき市鹿島町久保2の県道(通称・鹿島街道)脇で発生した崖崩れについて、国土交通省が派遣した土砂災害専門家4人が28日、現地調査を行い、岩盤の経年劣化が崩壊の原因になったとの見方を示した。また県は同日、これら専門家の助言を受け、24日夜の発生から現場付近の1・5キロ区間で続けてきた全面通行止めについて、29日午後4時に4車線のうち2車線で規制を解除し、通行を再開すると発表した。

 調査後にいわき市役所で記者会見した国交省の水野正樹・深層崩壊対策研究官は「昭和30(1955)年ごろまで使われていた石切り場で空洞になっていて風化しやすく、崩れた岩塊には古い亀裂も見られた」と述べた。崩壊前には現場に雨はほとんど降っておらず、地下水の影響も確認できなかったとした。現場には切り立った岩盤が残り、崩壊が拡大する恐れもあるため、センサーを設置するなどして警戒しながら、斜面に残る土砂の撤…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです