沖ノ島

協力金3倍に 館山市546万円 NPO「環境保全に理解」 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多くの海水浴客でにぎわう沖ノ島=千葉県館山市提供
多くの海水浴客でにぎわう沖ノ島=千葉県館山市提供

 館山市は28日、「歩いて渡れる無人島」として人気がある観光名所、沖ノ島で2年前から夏季に実施している来場者からの「環境保全協力金」が今年、昨年の実績より3倍近い546万円に上ったと発表した。徴収業務を請け負っているNPO法人たてやま・海辺の鑑定団(竹内聖一理事長)は「7月だけで昨年度を上回る協力をいただいた。制度が知れ渡り理解が進んでいるおかげ」と感謝している。

 協力金は海水浴シーズンの7月13日から8月18日までの37日間、1人1口500円、車1台1000円を目安に沖ノ島に通じる導入路でNPOメンバーと市職員らが来場者にチラシを配布し、協力を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文603文字)

あわせて読みたい

ニュース特集