かながわ経済

「香辛子」を栽培 消費拡大へ戦略 川崎市とJA、農家 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 川崎市内の農家29軒が、唐辛子の辛みを抑えた「香辛子(こうからし)」を栽培している。生で食べられ、フルーティーな香りが楽しめる。市やJAセレサ川崎が協力し、消費拡大策に取り組んでいる。

 香辛子は、脂肪燃焼効果を狙ったサプリメントの原料用に味の素が開発した。燃焼効果は高いが辛みも強烈、という品種のハバネロやブートジョロキアを基に育種した。辛…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

あわせて読みたい

ニュース特集