メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際交流員

五輪で選手支援 ドイツから上越市に着任 /新潟

国際交流員に着任したディーツさん(左)=新潟県上越市で

 上越市にドイツ人の国際交流員、ヤニック・ディーツさん(28)が着任した。任期は来年8月4日まで。市が東京五輪・パラリンピックで、ドイツのホストタウンに登録されていることから採用され、ドイツ人選手らの通訳やドイツ文化の情報発信などを手掛ける。

 ディーツさんはボン生まれ、ハンブルク大学、同大学院修士課…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです