メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山落語

標高2400メートル山小屋に爆笑の声 八ケ岳で7回目 来月28日 /山梨

毎回爆笑の「山落語」。会場は食堂。高座はテーブルや箱を重ねた手作り=山梨県北杜市の青年小屋で2016年9月(竹内敬一さん提供)

 標高2400メートルで一席--。八ケ岳連峰南部の山小屋「青年小屋」(長野県富士見町)で9月28日夜、「山落語」と題した社会人落語家の寄席が開かれる。今年7回目の恒例イベントで、山中にともった明かりから、毎回爆笑の声が山に響く。登山とは意外な組み合わせ。門をくぐれば忘れられない一夜になるはずだが、今年が最後になるかもしれない。【去石信一】

 出演者は4人。うち、「山落語」の発案者で北杜市の酔亭化枝(よってけし)さんは1回目から参加している…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです