メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもの自殺阻止

夏休み明けのSOS聞く 十数団体連携し電話相談 来月7日まで /岐阜

「なつやすみ明けのSOS」を開く意義を説明する中川健史さん=岐阜市八代3で

 夏休み明けは、「学校がつらい」などの理由から、子どもの自殺が増える傾向にある。そこで、県内で貧困や児童支援に取り組む十数団体が連携し、「なつやすみ明けのSOS」と題して9月7日まで、電話相談を集中的に受け付け、また一部は居場所を提供する。参加団体の一つ、岐阜市八代3のNPO「仕事工房ポポロ」理事長で「SOS」実行委員長の中川健史さん(64)に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです