メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アッセンブリッジ・ナゴヤ

音楽・現代アートの祭典 身近な場所で芸術触れて 名古屋港周辺で来月7日から /愛知

コンサートに向け練習に励む「みなとストリングス」のメンバーたち=名古屋市港区で

 港まちを舞台にした音楽と現代アートの祭典「アッセンブリッジ・ナゴヤ2019」が9月7日~11月10日、名古屋市の名古屋港周辺で開催される。身近な生活空間で芸術に触れてもらおうと、期間中、各地でさまざまなコンサートや展覧会などが開かれる。【太田敦子】

 アッセンブリッジ・ナゴヤは名古屋市などで作る実行委員会が主催し、今年で4回目。音楽、アート、分野を横断するパフォーマンスなど、三つの部門で計22のプログラムが展開される。参加型が多いのが特徴という。

 音楽部門では、初心者からアマ演奏家まで公募で集めた弦楽合奏団「みなとストリングス」が練習を重ねてい…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです