メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芝山遺跡

古墳6基、新たに見つかる 鉄刀や土玉、副葬品も多数 有力者の墓の特徴 城陽 /京都

円墳から見つかった出土品。土玉、鉄刀などの貴重品から、有力者の副葬品とみられる=京都府城陽市富野で、鈴木健太郎撮影

 府埋蔵文化財調査研究センターは28日、城陽市富野の芝山遺跡で、5世紀後半~6世紀前半の古墳計6基と、長さ1.1メートルの鉄刀や漆仕上げの土玉など多数の副葬品が見つかったと発表した。5世紀後半の方墳と円墳も混在していた。センターは、木津川右岸下流域の有力者の墓の形式とその変遷を知る有力な手がかりになるとみている。芝山古墳群の総数は、今回の6基を加え32基となった。

 新名神高速道路建設工事に伴い、今年4月から遺跡内の二つのエリア計約3000平方メートルを調査した。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです