メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上イージス

再調査 国が地元に説明 「ゼロベースで見直しを」 阿武町長、配備断念を求める /山口

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、防衛省中国四国防衛局の森田治男局長は28日、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場がある萩市、阿武町などを訪れ、演習場北西側の「西台」と呼ばれる高台の標高を再調査することを正式に伝えた。開始時期などは明らかにしなかったが、調査期間は契約手続きを含めて約2カ月間という。

 計画への反対を表明している阿武町の花田憲彦町長は町役場で森田局長と面談した後、取材に対し「なぜゼロ…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです