メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓関係悪化

県内にも影響大 高松-ソウル便、8月搭乗率低下 自治体交流も延期に /香川

 日韓関係の悪化に伴い、韓国人観光客が減ったり、自治体間交流が延期になったりするなど、県内でもさまざまな影響が出ている。政治的対立があってもそれ以外の分野の交流は比較的維持されていた過去とは別次元の状況に、関係者は情報収集に努めるとともに事態の早期収束を望んでいる。【金志尚】

 「これまでは政治で問題があっても、韓国のお客さんは『日本のことは好き』と言ってくれたのですが……」

 うどん作りを体験できる高松市成合町の観光施設「中野うどん学校高松校」の羽藤寛幸代表はそう嘆く。連日訪れていた韓国人団体客が7月以降、目に見えて少なくなった。日韓関係の悪化が際立ち始めた時期と重なる。「影響はあると思う」

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです