メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草の根啓発活動

明治学園高生徒たち、ベトナムの水環境改善を 無添加せっけんやチラシ、現地に ネットで反応も /福岡

 明治学園高校(戸畑区)の生徒たちが、水質汚濁など環境悪化が懸念されているベトナムに向けた啓発活動に取り組んでいる。北九州市とシャボン玉石けん(本社・若松区)の協力を受け、無添加せっけんや啓発チラシを現地に送って草の根レベルで意識向上などを図ろうという試みだ。【山本泰久】

 同高3年の冨岡優作さん(18)が昨年、市とJICA九州(八幡東区)が実施している高校生向けの「上下水道ユース研修」に参加し、同国を訪れたことがきっかけ。

 研修は、北九州市がアジア各地で取り組む技術協力などを通し、国際協力の大切さなどを伝える目的。昨年は姉妹都市のベトナム・ハイフォン市を北九州市の高校生6人が訪問した。一方、同高は国際的な視野を育む目的で国が指定したスーパーグローバルハイスクール(SGH)。活動の一環としてASEAN(東南アジア諸国連合)について学ぶ班があり、冨岡さんはその中の「上下水道チーム」(5人)に所属。チームはベトナムの水環…

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです