メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨

2人死亡 87万人一時避難指示

 九州北部は28日、前線の影響で発達した雨雲が次々に流れ込み、記録的な大雨となった。気象庁は28日午前5時50分、佐賀、福岡、長崎3県に最も警戒が必要な「警戒レベル5」に相当する大雨特別警報を発表した。車が水に流されるなどして佐賀、福岡両県で2人が死亡、1人が意識不明の重体。避難指示は一時約87万人に上った。佐賀県の順天堂病院で患者ら201人が孤立状態となっている。特別警報は午後2時55分に解除されたが、九州北部は29日にかけて雨が強まり、大雨となる見込み。気象庁は引き続き厳重な警戒を呼びかけている。

 佐賀県武雄市武雄町では28日午前5時15分ごろ、武雄川近くの市道で車が水に流されたと110番があった。軽乗用車は近くの水田で見つかり、車内から50代の男性が救助されたが、搬送先で死亡が確認された。市道は当時冠水していた。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです