メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部大雨

2人死亡 87万人一時避難指示

 九州北部は28日、前線の影響で発達した雨雲が次々に流れ込み、記録的な大雨となった。気象庁は28日午前5時50分、佐賀、福岡、長崎3県に最も警戒が必要な「警戒レベル5」に相当する大雨特別警報を発表した。車が水に流されるなどして佐賀、福岡両県で2人が死亡、1人が意識不明の重体。避難指示は一時約87万人に上った。佐賀県の順天堂病院で患者ら201人が孤立状態となっている。特別警報は午後2時55分に解除されたが、九州北部は29日にかけて雨が強まり、大雨となる見込み。気象庁は引き続き厳重な警戒を呼びかけている。

 佐賀県武雄市武雄町では28日午前5時15分ごろ、武雄川近くの市道で車が水に流されたと110番があっ…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです