メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

車変革、トヨタ危機感 資本提携発表 開発・生産、連携拡大

日系自動車メーカーの主な提携関係

 トヨタ自動車とスズキが資本提携に踏み切った背景には、自動運転などの次世代技術の開発競争が業界をまたいで激化していることへの両社の危機感がある。経営環境が激しく変化する中で、次世代の移動サービスなど新たな分野で相乗効果を生み出せるか、提携の成否が今後問われる。【小坂剛志、田口雅士】

 「環境に関わる規制強化に加え、異業種からの新規参入、モビリティビジネスの多様化など、これまでにない大きな変革期を迎えている」。トヨタ自動車とスズキが連名で28日に発表した声明文には、現在の自動車業界における危機感がにじんでいる。

 自動車業界に押し寄せる変革の波は「CASE」と呼ばれる。インターネット経由でさまざまな情報をやりとりするコネクテッド▽オートノマス(自動運転)▽シェアード(共有)▽エレクトリック(電動化)--の頭文字だ。トヨタの豊田章男社長は5月の記者会見で「(CASEで)車の概念が変わろうとしている。これまでのビジネスモデルそのものが壊れる可能性がある」と述べていた。

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです