メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

再エネ政策の行方

 今年も暑い夏が続く。世界的に気候変動への対応が急務となる中、政府のエネルギーや環境の戦略には、石炭火力発電や原発といった環境影響が大きいエネルギーが盛り込まれている。一方、政府は、再生可能エネルギーを推進してきた固定価格買い取り制度を大幅に縮小する方針だ。転換期に立つ日本のエネルギー政策を考える。

世界の潮流に背向ける日本 末吉竹二郎・WWF(世界自然保護基金)ジャパン会長

 日本のエネルギーや気候変動に関する戦略はまるで「古証文」のようだ。政府やエネルギー問題の専門家は「…

この記事は有料記事です。

残り4336文字(全文4574文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです