メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

核兵器禁止条約を生かすには 日本は締約国会議参加を=樋口直樹(オピニオングループ)

「核兵器禁止条約」の採択で、会場で示された投票結果=ニューヨークの国連本部で2017年7月、共同

 核兵器を持つ国と持たない国の間で亀裂が深まり、「核なき世界」が遠ざかっている。非核保有国が中心となって2年前に国連で核兵器禁止条約を採択すると、悪の烙印(らくいん)を押された保有国は猛反発し、対立は抜き差しならなくなった。だが、核抑止力に頼る国々も、全てが将来的な「核なき世界」まで否定しているわけではあるまい。交渉の道を閉ざさず、核の脅威を取り除く知恵を絞ってほしい。

 残念ながら国際政治は欺まんに満ちている。大国の権謀術数に翻弄(ほんろう)される中東や核不拡散のとり…

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです