特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

メディア時評

識者談話だけでいいのか=内田博文・九州大名誉教授

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」が8月1日から愛知県内で始まった。言論と表現の自由が脅かされているとの危機意識から、国内の公立美術館などで表現の機会を奪われた作品を集めた「表現の不自由展・その後」も企画の一部で、従軍慰安婦が題材の韓国人作家による「平和の少女像」や、昭和天皇をモチーフにした映像作品が展示された。だが、この企画展には地元の名古屋市長をはじめ、官房長官や大阪市長らからも批判が向けられた。抗議や脅迫の電話だけでなく、「撤去しないとガソリン携行缶を持ってお邪魔する」と書かれた放火予告のファクスも送りつけられたことから、開幕数日で中止に追い込まれた。

 中止は、国連も危惧する日本での言論と表現の自由を脅かす動きの強まりを明らかにした。憲法の禁止する検閲に当たるかどうか、苦しくても知らねばならない歴史の真実があるのではないかなど、論点は多岐にわたる。毎日新聞など各紙が社説で大きく取り上げたが、産経新聞は「今回の展示のようなヘイト行為が『表現の自由』の範囲内に収まるとは、到底、理解しがたく、公金支出は論外である」などとした。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文850文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集