メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧米・豪州

広がる気候非常事態宣言 18カ国970自治体

「気候非常事態」を宣言した自治体などを含む18カ国と主な大都市

 欧米や豪州で「気候非常事態」を宣言する自治体が増えている。気候変動を緊急に対応すべき危機と位置付け、温室効果ガス排出「実質ゼロ」や生態系保護に向けた取り組み加速の決意を示すものだ。運動を呼びかける団体(国際気候非常事態フォーラム・ICEF)によると、これまでに計18カ国で約970の自治体に広がった。

 オーストラリア南東部メルボルン近郊の自治体デアビンが2016年12月に初めて宣言。今年は欧州大陸の…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです