メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

環境アピール、首脳宣言外で 「温暖化対策など主導」 対立の中、議長総括

 フランス南西部ビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、フランス政府は27日、環境分野に関する議長総括を公表した。環境問題に言及しなかった首脳宣言とは対極的に、G7各国が地球温暖化対策などで世界をけん引できることを強調するなど、環境問題に関して前向きなメッセージを出した。

 26日の環境分野の討議には、12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)議長国のチリなど8カ国の首脳や国連事務総長らも参加した。

 議長総括は温暖化、生物多様性の損失、海洋・土地劣化が安全保障や経済成長などを脅かす世界的な課題と指…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです