メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

環境アピール、首脳宣言外で 「温暖化対策など主導」 対立の中、議長総括

 フランス南西部ビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、フランス政府は27日、環境分野に関する議長総括を公表した。環境問題に言及しなかった首脳宣言とは対極的に、G7各国が地球温暖化対策などで世界をけん引できることを強調するなど、環境問題に関して前向きなメッセージを出した。

 26日の環境分野の討議には、12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)議長国のチリなど8カ国の首脳や国連事務総長らも参加した。

 議長総括は温暖化、生物多様性の損失、海洋・土地劣化が安全保障や経済成長などを脅かす世界的な課題と指…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです